HOME » 福岡で安く引越しするための段取り » 間取り別費用相場を知る

間取り別費用相場を知る

福岡で引越し作業を業者にお願いする場合、費用の相場は間取りによってどう変わってくるか、ということについてお話していきたいと思います。

福岡の引越し、間取り別の費用相場は?

例えばワンルームと1LDK、3LDKがあった場合、同じような立地条件であれば、家賃は間取りが広くなればなるほど、高くなっていきますね。引越し費用の場合でも、それは同じです。ワンルームよりは1LDK、1LDKよりは3LDKといった感じで、広くなればなるほど、引越し費用は高くなっていくのが普通です。

では、実際のお値段はどれくらいなのだろうか、という点は一番気になることでしょう。ここではまず、移動距離が20kmと40kmの場合の引越し費用相場を、間取り別に見てみましょう。

 間取り 移動距離20kmの場合 移動距離40kmの場合
1R~1DK 約26,700円 約38,700円
1LDK~2LDK 約33,800円 約45,800円
3K~3LDK 約59,800円 約71,800円

いかがでしょうか?先に申しました通り、広い間取りになればなる程、料金も高くなっていきますね。この点については、予想できることでしょう。

しかし、誤解しないでいただきたいのですが、これらの金額はあくまでも「目安」であり、実際の金額は、いろいろな条件によって変わってくるのが現実です。あくまでも調査によって計算された、平均額であり、安い高いといったことを、判断する基準としてお考えください。

では実際に、どのような要素で料金は変わってくるのかについて、ご説明していきましょう。なんといっても、料金を大きく左右するのは、ズバリ荷物の量です。実際のところ、間取りの広さというのは、それに応じた荷物量があるという想定の目安でしかありません。極端な例を挙げますと、荷物がギッシリ詰まったワンルームと、荷物が最低限度しかない1LDKでは、後者の方が安くなることも十分にありえるのです。そう言った意味では、間取りというのも目安にすぎないのです。

その点、より分かり安い判断基準と言えるのが、運搬に使うトラックのサイズ。引越し業者によっては、荷物の量の目安として、以下のような判断基準を示しています。

そして、もうひとつ忘れてならないのが、追加費用やオプション料金です。例えば、荷物の梱包をご自身で行う場合と業者に依頼する場合は、前者の方が安くなる傾向があります。また、運搬に高速道路などを利用する場合は、その料金が加算。エアコンの取り外しや、ピアノなど特別料金が必要になる荷物があるか。さらには不用品の処理をご自身で行うか、業者に委託してしまうかなどです。

なお、引越し業者のなかには、不用品の買取を行ってくれ、その分を引越し費用から割り引くというサービスを実施しているところもありますので、そうした点もぜひ考慮してください。

タイプ別おすすめ引越し業者 単身での引越し 家族での引越し オフィスの引越し 首都圏への引越し