HOME » 引越しお助けマニュアル » トラブル事例

トラブル事例

引越しのトラブルについて事例をご紹介し、それらを事前に防ぐための知識としてお役だてていただければと思います。

引越しのトラブル回避事例を知ることで予防に

巷には、定期的に引越しを繰り返すことを趣味の一環としている方もいらっしゃるようですが、そうした場合はさておき、一般の方というのは、そうそう頻繁に引越しをするというものではありませんね。

それゆえに、引越しの際に起こりがちなトラブルというものに関しても、知識はさほどお持ちではないことでしょう。実際の事例をあらかじめ知っておくことで、ぜひトラブル防止にお役だてください。

その1:当日になってからの追加料金要求

これは悪徳業者に限らず、起こり得ることです。言ってしまえば、業者が見積を正確に行なっておらず、当日になってみて追加料金を請求するという事態です。もちろん業者のミスですから、いいなりに払う必要はありません。回避するには、見積の際に追加料金が発生しないことを確認した上で、一筆書いてもらうとよいでしょう。

その2:エアコン取り外し作業の追加料金

料金トラブルで多いのが、このエアコン取り外しトラブルで、実際に作業してみたら、配管が劣化していて配管も交換が必要という言い分です。これもはっきり言って業者側の説明不足が原因です。引越し費用の場合と同じように、見積の際に追加料金が発生しないことを確認した上で、一筆書いてもらうのが賢いやり方です。

その3:見積もり時に手付金を要求された

そもそも引越し業者は、標準引越運送約款という決まりによって、手付金の要求は禁じられています。しかし実際には、キャンセルしにくくするとの思惑から、手付金の要求をしてくる手合いも少なくありません。手付金を要求された時点で、その業者は断ってしまいましょう。

その4:建物に傷がついた

荷物の搬入の際、故意でなくても壁や床などが傷ついてしまうことはありえます。良心的でない業者は当然ながら言い逃れをしてきます。一方、優良業者であれば、搬入前に依頼者立会いの上で傷の確認を行ってから作業に入ります。この点も事前に確認しておくとよいでしょう。また損害保険の適用に関しても事前に確認すべきです。

その5:荷物に傷がついた、壊れた

建物の場合と同じく、損害保険の適用がされるかをしっかり確認しておきましょう。なお、こうした損害が出た場合、修理または同等品への交換が条件となる場合がほとんどです。必ずしも新品に交換してくれる訳ではありませんので、この点は注意しておいてください。

タイプ別おすすめ引越し業者 単身での引越し 家族での引越し オフィスの引越し 首都圏への引越し